円形脱毛症による薄毛

毛髪13

近年老若男女関係なく発症することがあるのが円形脱毛症です。

円形脱毛症とはどのような症状なのか、円形脱毛症とは何かをご説明します。

円形脱毛症は、頭部に豆粒サイズ~五百円玉サイズのハゲが出来てしまう症状の事を差します。

毛が抜けた部分が綺麗に円形になっていることから、この名前が付けられました。自己免疫疾患の一種としても知られていますが、円形脱毛症が起きる原因は人によって異なり、過度なストレスや疲労が主な原因として知られており、近年では若い人でも円形脱毛症による薄毛を発症することがあります。

円形脱毛症による薄毛は他の薄毛と異なり、徐々に毛が抜けていくというよりは、ある日突然ごっそりと髪の毛が抜けるという場合や、髪の束がブラシについているというケースが多く、一か所~数か所に出来るケースが多いと言われています。

人によってはこの円形脱毛の症状が進むと、一度毛が生えても再度同じ部分の毛がハゲてしまったり、髪の毛が全て抜けてしまったり、眉毛やわき毛などの、頭部以外の毛が抜けてしまうというケースも少なくありません。円形脱毛症を発症しやすいのは、主に女性や子供が多いと言われており、一度発症すると治療を行うまで、繰り返し円形脱毛症の症状が表れるという方は少なくありません。

症状が進んでしまうと治療にも多くの時間がかかってしまいますので、出来るだけ早めに、専門機関で対策、治療を行うことが大切と言えるでしょう。「参考資料 - 水戸中央美容形成クリニック - 薄毛治療

予防方法は?